ケア
  1. HOME
  2. ケア

ケア

現在は治療→予防の時代です

虫歯や歯周病を治す決め手は早期発見・早期治療と定期的なメンテナンスです。
その中でも、生活習慣病である歯周病には予防・管理が重要と考え、当医院では歯周治療や予防・メンテナンスに力を入れております。

歯磨きで大切な事

一番大切なのは、「寝る前に歯を磨く」ことです。唾液には細菌の増殖を抑え、歯を守る作用がありますが、寝ている間は唾液の出る量がガクッと減ってしまいます。
そのため、寝ている間に細菌は増殖し、虫歯や歯周病が進行してしまいます!それを防ぐためには、寝る前にしっかりとプラークコントロールを行って細菌の数を減らしておくことが非常に重要です。
次に大切なのは、「朝起きたら歯を磨く」ことです。これには寝ている間に増えた細菌の数を減らすとともに、エチケットとしての意味があります。寝る前にしっかりとプラークコントロールを行っているのであれば、朝は歯ブラシのみで2~3分歯を磨けば十分でしょう。
その理由は、プラーク(歯垢)が形成されて歯に対して害を与えるようになるまでには約24~48時間かかるので、1日1回しっかりとプラークコントロールを行えばOKなのです。

プラークコントロール

Photo: 歯ブラシ

プラーク(歯垢)はただの食べカスではなく、細菌の塊です!
この細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因なので、プラークコントロールをしっかりと行って細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病を予防・改善させることができるという訳です。
歯磨きも大切なのですが、歯磨きだけでは十分にプラークを落とすことはできません。「ちゃんと歯磨きしてたのに虫歯になった~」というのは、ある意味当然なのです。
…というか、実は歯磨きで虫歯が予防できるという科学的データはありません。(虫歯予防の効果が科学的に証明されているのは、フッ素だけです)
ただ、データは無くてもやっぱり歯磨きをしたほうが良いでしょうし、歯周病予防には歯磨きが一番重要ですから、正しい歯磨き=プラークコントロールを行うことはとても大切です。

虫歯予防は「お口の中のpHを5.6以上に保つこと」

お口の中のpHは、普段は6.7位に維持されています。この状態では絶対虫歯になりません。(pHとは酸やアルカリの程度を示す単位。7は中性、7より大はアルカリ性、小は酸性)しかし、糖を含んだ飲食物を摂取するとプラーク中の細菌が酸を産生し、pHが下がります。
そしてpHが5.5以下になると、ついに歯が溶け始めます!一度酸性になってしまったpHは、時間が経つと自然にもとのpHである6.7(中性)に戻るのですが、pHが5.5以下の状態が長い時間続くと歯にポッカリと穴が空いてしまうのです!
酸性になってしまったpHは、唾液の作用で徐々に中性に戻っていきます。そして、pHが5.6以上になると溶かされた歯が修復される「再石灰化」という現象が起こります。
再石灰化というのは歯の表面がほんの少し溶かされた時に、唾液に含まれているカルシウムやリンがそこを修復するという現象で、この再石灰化のおかげで簡単に虫歯は出来ないのです!pHを5.6以上に保てば歯が溶かされるのを防ぐだけではなく、再石灰化も促進されるのでさらに虫歯になりにくくなるのです!

歯磨きの時間と回数のまとめ

1. 寝る前に約10分間しっかりプラークコントロールする!
2. 朝起きたら2~3分歯を磨く!(エチケット磨き)
3. 出来る時には食後すぐ歯を磨く!

大阪きづがわ医療福祉生活協同組合
わかば歯科

〒551-0003
大阪市大正区千島1丁目20-12
»アクセスマップ
[診療科目]
一般歯科・小児歯科

ご予約・お問い合わせはTEL:06-6554-8841